「今日という日が最後なら、」〜Live Free〜4月16日から八丈島でロケ開始!




スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2008.06.28 Saturday | - | - | - |


職業講話終了
台風ねいさんです。
6月6日(水)5時限目、大賀郷中学校にて、
こだまこずえ(壁画家・女優)&たかまつやよい(漫画家)の職業講話、
無事終了しました。



こずえちゃん、やよいちゃん、お疲れさまでした。
子どもたちに2人の話を聴く機会を与えてくださった大中の先生方、
ありがとうございました。



終了後のカフェで、
こずえちゃんにイラスト入りサイン本を贈呈するやよいちゃん。
また一緒になにかできるといいね。



翌、7日の船でこずえちゃんは離島しました。次回の来島は、7月末の予定です。
いまのところ、7月28日に「今日という日が最後なら、」島内上映会が予定されています。
今度はそれに合わせて、こだまこずえの「ワークショップ」を企画中。

台風ねいさん記(応援団副長)
| 2007.06.09 Saturday | その後の展開 | comments(0) | trackbacks(0) |


こだまこずえ2つめの完成作品
たいふうねいさんです。
こだまこずえちゃんが八丈島に残す2つ目の作品が完成しました。



この絵をこずえちゃんに依頼した菊正自動車社長のご注文で、
社長の愛犬の絵が大きく描かれています。
トンネルの中にも、もうひとつ。
全部で5箇所にこのワンちゃんの絵が大小描かれています。
さて‥どことどこに描かれているでしょう?



答えは、ここに行って探してみてね。
場所は、大賀郷小学校近く。
町役場方面に向かい、最初のカーブを曲がってすぐ右側の道路沿いの建物です。


写真撮影: 沖山穂高

完成して、嬉しそうな笑顔だね。こずえちゃん、お疲れさまでした。

こずえちゃんのもうひとつの絵。
映画に使われた、あの絵は、現在は「エコアグリマート」に展示中です。
みなさま、こちらもどうぞ見に行ってくださいね。

明日は、大賀郷中学校で4コマ漫画家のたかまつやよいちゃんと2人職業講話です。
明日もどうぞよろしくね。

台風ねいさん記(応援団副長)
| 2007.06.05 Tuesday | その後の展開 | comments(0) | trackbacks(0) |


こだまこずえがサンになって見た風景
台風ねいさんです。
映画の中で素晴らしい絵を見せてくれたこだまこずえちゃんが、
5月27日、島に戻ってきました。
現在、島内キクマサ自動車のシャッターに毎日ペイント中です。



上から見た八丈島を描くために、八丈富士の頂上まで登りました。



ここで、もののけ姫ごっこをしたこずえちゃん。
       「こずえを解き放て!あのこは人間だぞ!」
サンになり、山の上を走り回ったらしいよ。

こだまって名字は、木霊(コダマ)なのかもしれない、
‥と台風ねいさんは思ってみたり。

そして、制作。
制作進行状況をお伝えします。



下地に白を塗っておきます。



八丈祭∞のリストバンドをしている。
こんなところが、こだまこずえぽいと台風ねいさんは思う。
なぜ自分がここにいるのかを忘れていない。
繋がる心を忘れない。

それを少しでも表現しようと思っている。
絵は、表現手段のひとつと彼女は言っている。
わたしは自分を表現したいのだと。

そんなこずえちゃんが好きです。



描く姿はいつも痛々しいほど真剣で、胸を打たれる。





彼女の描く絵には、いつもトンネルが描かれる。
このトンネルを通り、彼女はどこへ行きたいのだろう?


写真撮影:沖山穂高

5日に完成の予定。楽しみです。

翌6日には、大賀郷中学校で漫画家たかまつやよいちゃんとともに職業講話を行います。
職業講話というと堅苦しいけど、2人のトークショウスタイルで、
彼女たちならではの体験談などを話す予定。

自分の好きな道を強く生きる彼女たちの姿を子どもたちに見てほしい。
それだけで意味があると思ってます。
こちらも楽しみです。

台風ねいさん記(応援団副長)
| 2007.06.03 Sunday | その後の展開 | comments(3) | trackbacks(0) |


なんて素敵なこと
台風ねいさんです。
昨日発売の「南海タイムス」(地元紙)が届くのを待っていました。


昨日の「南海タイムス」の記事

お祭りの記事がこんなに大きく載りました。


こだまこずえちゃんの記事

これが届くのを待っていたんだ。
これを持って、大賀郷中学校へ行きました。



こずえちゃんは、5月の末に再来島します。
そのとき、大賀郷中学校で「職業講話」が実現できることになりました。
「職業講話」とは、子どもたちが将来自分の仕事を選択する参考に、
いろんな職業の方々からお話を聴かせていただく授業です。

ジュニア応援団のいる島の学校の美術部を訪問したいと言ってくれたこずえちゃんと、
授業のスケジュールを調整して、「職業講話」として美術部以外の子たちにも
こずえちゃんの話を聴けるようにしてくれた大中の先生方に感謝します。



ロケの打ち上げ会場で、こずえちゃんとお話できたジュニア応援団美術部3名は、
穴があくほどこずえちゃんを見つめながら真剣に話を聴いていた。

広島県呉市の出身で、単身上京してアーティストを目指し、
広島平和文化大使としてカンボジアでライブペインティングの経験もある
こずえちゃんの話は、絵の好きな子たちの胸を直接強く打つのです。

美術部以外にも絵の好きな子たちは多い。
また絵に関心のない子たちにも、彼女の生き様はいい刺激となるはずです。

尚、その「職業講話」は、最近八丈島に移住した4コマ漫画作家の
たかまつやよいちゃんと2人で行うこととなりました。
やよいちゃんもこのお祭りは見にきてくれました

現在活躍中の若い壁画家と漫画家の2人の話を同時に聴けるなんて、
なんて素敵なこと。
許されるならわたしも一緒に話を聴きたいです。
彼女たちが自分の職業をどんな風に話すのか、とても楽しみ。

ひとつ、人と人をつなげる大きな出来事があると、
こんな風に先につながる素敵なことが実現できるよね。

みんなが協力して行ったこの映画ロケが八丈島にどんな風に活かされるのか。
その後の展開が大事だと思ってます。

台風ねいさん記(応援団副長)
| 2007.05.12 Saturday | その後の展開 | comments(10) | trackbacks(0) |