「今日という日が最後なら、」〜Live Free〜4月16日から八丈島でロケ開始!




スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2008.06.28 Saturday | - | - | - |


主人公双子の聖子と舞子
台風ねいさんです。
まだ主人公の2人を紹介していませんでしたね。
八丈島と東京に生き別れになった双子の姉妹が、この映画の主人公です。


双子の姉 聖子役 森口彩乃

東京で母親が再婚した義父、妹玲菜と暮らす双子の姉の聖子。
自分の好きな道を生きられず、閉塞感に苦しんでいる。


双子の妹 舞子役 柳裕美

病弱で八丈島に置いていかれた双子の妹、舞子。
おばばと暮らしながら、双子の姉と母に会う日を夢見ていた。

20歳の誕生日に、2人は再会します。
「今日という日が最後なら、なにをしたいか考えました。
 Live free ―」
置手紙を残して、八丈島の舞子は東京の聖子に会いに出かけます。

 Live free ― 
25セント硬貨に書かれた文字がキーワードです。
20歳で出会った2人のなかで、この言葉はどんな風にとらえられ、
そして、2人はどんな人生を生きようとするのでしょうか。

写真提供 林冬人

台風ねいさん記(応援団副長)
| 2007.04.26 Thursday | プロフィール | comments(0) | trackbacks(0) |


島内出演者
台風ねいさんです。
この映画には、島内の方々も数名キャスティングされています。
みなさまにお顔をお見せしたくて、昨日、写真家の林冬人さんに撮っていただきました。
※この記事に掲載の写真は、すべて林冬人さんの撮影です。
林冬人さんもこの映画の応援団として、スチール写真撮影他、多大な協力をされてます。


おばば役 清水増子さん(末吉)
主人公、舞子を育てる八丈島のおばあちゃん。かなり重要な役割です。


ジョージ役 浅沼譲二さん(大賀郷)
病気を持つ舞子を幼い頃から診ている島のお医者。


栄進役 山下栄進さん(樫立)
舞子を見守る島の大人。役上も実際も太鼓の名手。


舞子・聖子の子どもの頃の役 笹本実秋ちゃん(樫立)
双子の舞子・聖子の子ども時代を演じる実秋ちゃんは、カメラ度胸満点。


ゆずき役 浅沼柚希ちゃん(大賀郷)
子守りが仕事のおばばがあずかるワンパクでかわいい男の子。

他にもまだキャスティングされている島内の方々がいらっしゃいますが、
昨日はすべて回りきれませんでしたので、今回はここまで。

主人公舞子・聖子とこれらの島内の方々のミニ写真展を、明日より「スーパーあさぬま」
入り口正面の「今日という日が最後なら、」インフォメーション・スペースにて開催。
同時に、ジュニア応援団 Miyuki 編集長が編集する「八丈島映画応援団新聞」も創刊。
インフォメーション・スペースにて、無料配布いたします。
お買い物のついでに、どうぞお立ち寄りくださいませ。

台風ねいさん記(応援団副長)
| 2007.04.01 Sunday | プロフィール | comments(2) | trackbacks(1) |


柳明菜監督プロフィール
台風ねいさんです。
まずは、柳明菜監督のプロフィールをご紹介しますね。


柳 明菜 近影 八丈島ふるさと村にて  撮影 林 冬人   

柳 明菜  監督 / 写真家 / 女優
合同会社 The☆Willows 代表
慶應義塾大学SFC環境情報学部 卒業

2001年 アメリカ バッカイフィルムフェスティバル 優秀賞
2001年 America Yellow Springs High School 留学
2001年 ASAYAN女流カメラマンオーディション グランプリ
2003年 愛知県立旭丘高等学校 卒業
2003年 慶應義塾大学 入学
 演劇/写真活動を始める
2007年 慶応義塾大学SFC 卒業

9月19日生まれ O型 愛知県出身 東京都在住
趣味 想像すること 友だちとお茶すること
特技 英会話 水泳 写真加工

柳 明菜 公式ホームページ
柳 明菜 公式ブログ

この映画の企画・脚本・監督をこなす若干23歳の美しい女の子、
柳明菜ちゃんがはじめて八丈島の地に降り立った日からちょうど1年が過ぎた。
この1年間、八丈島に通い続けながら、彼女はこの映画のことだけを考え続けた。

●彼女が八丈島で受けたインスピレーションとは?
●この春に大学を卒業したばかりの女の子に、なぜ映画が作れることになったのか?
●彼女はわたしたちの八丈島をどんな風に切り取り、どんな風に描くのか?
●八丈町と八丈町商工会がこの映画に協賛する意味とは?
●「八丈島映画応援団」は、なぜこんなにも熱くこの映画を応援するのか?

このブログを読んでいただくみなさまには、8月〜9月の吉日に、
この映画が東京六本木ヒルズ「ハリウッドホール」で公開される頃までには、
それらがすべて解明される仕組みになっている。

台風ねいさん記(応援団副長)
| 2007.04.01 Sunday | プロフィール | comments(0) | trackbacks(0) |